株式銘柄でクチコミ
*
ホーム > アイフォン修理 > ICカード乗車券の初体験のお話

ICカード乗車券の初体験のお話

ICカードというものを入手いたしました。

正確にはICカード乗車券、私は地下鉄で利用しています。

何と言うんでしょうか、私は人生の中でこういった物を買うことはないだろうな、という根拠のない確信があったのですが、脆くも崩れた感覚です。

別にICカード乗車券が嫌いとか、反対とかでは全然ありません。

ただ、自分には縁のないものだと思ってた。

私は基本、公共交通機関は使わない人間でした(過去形)。

希に利用することはありましたが、滅多に使わないので、当然その度に切符を購入します。

ただ、生活環境が変わり、車移動より交通機関の方が都合がよくなりました。

希に乗るだけならともかく、頻繁に利用するならその度に切符を買うのは不便です。

で、最初に思い付いたのが回数券。ICカードを避けようとする気持ちがありありでしたね。

早速インターネットで検索し、回数券を購入できる場所を探しました。

 

今はなんでもインターネットでできるのでとても便利です。

 

スマホとかパソコンが手放せません。

 


「コンビニとかで買えたら助かるな~」とか考えていましたが、中々欲しい情報が見つからない。

「?」と思いながらネットを彷徨っていると、「回数券の販売は⚪⚪年(年は失念)で終了しました」の文言。

「マジですか?」と思わず呟きました。

次に探したのが昔ながらの定期券。

「切符があるんだから、(昔ながらの)定期券もあるよね」と望みを託して検索。

「(昔ながらの)定期券はまだ使えますが、販売は終了」(意訳)との無情なお言葉。

…もう腹を括るしかありません。ICカード乗車券を購入しました。

初めて使う日はもうどきどき状態。

「あれ、これ向きとかあるの?裏表はどっち向けるの?」

もう改札を通るときはヒヤヒヤ、いきなり改札が閉まるんじゃないか?とか、警報音が鳴り響くかも…など戦々恐々。

実は友人が私と同じくICカードデビューする予定なので教えを請うたのですが、友人もよく知らないようで情報がないまま実戦に挑みました。

もちろん結果は改札をスムーズに通過、悩んでいたのがバカバカしくなるくらいに。

私はそれなりに積極的に電子機器は購入してるし、ごくごく簡単なレベルならプログラムも組めます。

p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 10.0px 'Hiragino Kaku Gothic ProN'; -webkit-text-stroke: #000000} span.s1 {font-kerning: none}

何でICカードをこんなに警戒したのか、自分自身で不思議です。

 



関連記事

ICカード乗車券の初体験のお話
ICカードというものを入手いたしました。 正確にはICカード乗車券、私は地下鉄で...
アイフォン修理ってやっぱりアフターが大切?
アイフォン修理を探すと、最近ではネット上でも普通にありますよね。対面でなくても修...